シロアリ(白蟻)に迫れ!〜白蟻駆除/対策/予防から生態まで解説〜Top >  シロアリ(白蟻)駆除−生態 >  シロアリの習性−シロアリとキノコ

シロアリの習性−シロアリとキノコ

シロアリは所変われば巣も変わる。中近東、アフリカ、東南アジアのキノコシロアリって種は、
9メートルもの巨大な巣を作る事で有名。中には、冷暖房完備、
二酸化炭素排出機構まで付いてるらしい。俺のうちより良いじゃないか!(笑)

シロアリの名前の示す様にキノコを栽培しています。
温度差の激しいサバンナは、日中45℃、冬の夜中は0℃以下なんてのもある。
でも巣の中はいつも30℃くらいなんだって。
要するにキノコを栽培する事により発酵で気温を上げる所にある。
暑い時は、地下深く湿っているころまで掘って、気化熱で温度を下げているんだって。

日本にもキノコを栽培するシロアリは生息している。(沖縄の一部と八重山諸島)
家よりも農作物への被害が大きく、中国では、堤防シロアリと呼ばれ、
イエシロアリと肩を並べるほど、駆除対象だそうだ。

このシロアリは、家に被害を与えるシロアリと違う習性があります。
でも、シロアリに悩む日本の皆様には関係ないことですなぁ、、、自分の趣味に走って
しまい申し訳ありません...


関連エントリー

シロアリ(白蟻)に迫れ!〜白蟻駆除/対策/予防から生態まで解説〜Top >  シロアリ(白蟻)駆除−生態 >  シロアリの習性−シロアリとキノコ